藤井聡太さんが幼いころから使用していたことで話題になり、一時期入手困難にまでなったキュボロをご存じでしょうか。

「藤井聡太さんが使用していた」と聞くだけでなんだか脳にいい影響がありそう!と感じるのは私だけではないはずです。

・藤井聡太さんは何歳から遊んでいた?

・キュボロの遊び方は?

・脳にどんな影響があるの?

キュボロについて気になることをまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください!

藤井聡太さんが3歳で作ったキュボロ作品が鳥肌物の凄さ

プロ棋士の藤井聡太さんは史上最年少(14歳2カ月)でプロ入りし、デビューから無敗の29連勝で歴代最多連勝記録というすごい記録を更新しています。

他にもタイトル獲得や数々の最年少記録を保持し将棋界を震撼させ、世間に将棋ブームを巻き起こしました。

そんな藤井聡太さんが幼いころに遊んでいたことで人気に火がついたキュボロの魅力を調査しました。

キュロボとの出会いは3歳!藤井聡太さんの作品は既に大人顔負け

藤井聡太さんは、なんと3歳からキュボロで遊んでいたそうです。

藤井聡太さんが3歳の時にキュボロで作った作品がYouTubeで見れます。

藤井聡太さんが3歳の頃に作った作品は、一番高いところで4段に積み木が重ねてあり、スタートからボールを転がし溝や穴を通って少しずつ下まで転がり、最後は1段目のトンネルからボールが出てきます。

大人が見ても理解が難しいコースを、3歳で組み立てたというのは非常に驚きです。

脳の80%は3歳までに完成!手先を使うキュロボで幼いうちから刺激しよう

一般的に3歳までに「脳」の約80%が完成されると言われており、たくさんのことを吸収し人格の基盤を作る大切な時期です。

また手先が器用になる年齢でもあるので、小さいビー玉を掴んだりブロックを重ねるなどの遊びが増えてくる時期でもあります。

幼いうちから手先を使ってキュボロで遊び、試行錯誤することで脳に刺激を与えていたことが今の藤井聡太さんの原点なのかもしれないですよね。

キュボロの対象年齢は5歳以上!3歳児は難しい?遊び方や口コミを紹介します

出典:楽天市場

キュボロはスイス製のおもちゃで5センチ角の立方体の木に穴や溝が掘ってあり、それらを組み合わせてボールを転がして遊びます。

途中で止まったりボールが落ちてしまわないように工夫し考えながらコースを作るので、集中して遊ぶことができて作品が完成した時の達成感は非常に大きいです。

初めて購入する方におすすめなのはスタンダードセットで12種類54個のブロックが入っています。

足りない場合は、追加購入して遊ぶこともできます。

「難しそうだしできるかな?」「本当に遊ぶかな?」という不安もありますよね。

キュボロの対象年齢は5歳以上です。

本当は3歳児には難しいんです・・・

しかし、小さい子も楽しく集中して遊んでいたという口コミがたくさんありました。

また大人もハマって遊んだという口コミも多くありましたので、年齢問わずに楽しめるおもちゃだと言えます。

やはり3歳児にはまだ難しいようです・・・

遊び方の解説書もありますので、親子で一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。

キュロボはプログラミング的思考が養うのにも効果的!

スイスやドイツの小学校ではプログラミング授業の中でキュボロが使われています。

つまり、キュボロで遊ぶことでプログラミング的思考の育みに繋がるのです。

プログラミング的思考とは簡単に言うと、物事を考えるときに順序だてて考えられる力や、問題を解決していく力をいいます。

近年プログラミング的思考は非常に大切だといわれており、特にこれからの未来を生きていく子どもたちにはどんどん育ててあげたい能力ですよね。

キュボロは遊びを通してプログラミング的思考を育むことができ、さらに空間認知能力や集中力も養うことができるので知育玩具としてとてもおすすめのおもちゃです。

【まとめ】藤井聡太さんもキュボロで育脳!?遊びながらプログラミング的思考を養えるおすすめのおもちゃ

出典:楽天市場

3歳からすでにキュボロ使用し空間認知能力や集中力を養っていたと思われる藤井聡太さんですが、何歳から始めても遅いという事はありません。

何歳であっても家族みんなで楽しみながらプログラミング的思考を育むことができます。

脳を刺激し可能性を伸ばしてくれるイチオシのおもちゃ「キュボロ」をぜひ購入して、脳育をしてみてはいかがでしょうか!

キュボロ スタンダードセットの購入ページを見てみる!

この記事が子供にプログラミング学習を始めさせたいと考えている方の参考になると嬉しいです。

プログラミング知育玩具おすすめ!3歳〜5歳が楽しく遊べるおもちゃを厳選した記事もまとめていますので、他のおもちゃが気になるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

カイロ博士
3歳〜5歳は遊びの中でプログラミング思考の導入するのに、最も適した年齢なんじゃ!
おすすめの記事