台湾で開発された『ジェリク』は、場所を選ばずにどこでも遊べることができる知育玩具として注目されています。

『ジェリク』は、たった一枚の平面からさまざまな立体へと形を変える子供の創造力を最大限に引き出す革新的なおもちゃです。

しかし、小さな子供がいきなり四角い平面の『ジェリク』を渡されてもその創造力を最大限に引き出すことはできません。

「どうやって遊ぶの?」「どんな風に形を作るの?」

この記事を読めば、『ジェリク』を使って子供の創造力を最大限に引き出してあげられます!

『ジェリク』の気になる作り方と購入者の口コミをまとめています。

いろんな形に動かして遊ぼう!2つを組み合わせるともっと楽しいジェリクの立体作品の作り方

『ジェリク』は結合されたU字型のフレーム10個が繋がっており、伸ばしたり曲げたり様々な形に変えることができます。

また、連なったU字フレームは大きい物から段階的に小さくなっていくので全てを畳むと一枚の平面になります。

一見シンプルではありますが、『ジェリク』を変形させることで様々な動物を作ることができたり、2つ以上を組み合わせてより高度で複雑な立体作品を作ることができます。

ジェリクの作り方 step1. まずは、いろんな方向に曲げてみよう!

まずは、ジェリクを横に伸ばしてみましょう。

そして、いろんな方向に折り曲げて立ててみましょう。

お子様が小さい場合は、先ずは大人が作って手本を見せてあげるといいです。

「何に見えるかな?」「どんな形ができるかな?」と声がけをすると、お子様の創造力を引き出します。

ジェリクの作り方 step2. 説明書を見ながら立体作品を作ってみよう!

ジェリクを購入すると、いくつかの作品例が記載されたミニリーフレットがついてきます。

お子様と一緒に見ながら、いろいろな形を作ってみましょう。

スタンドを作って物を乗せてみたり、遊び方は無限大です!

最初は説明書にある作品を真似しながら、お子様と一緒に自由な発想でオリジナル作品を作ってみましょう。

ジェリクの作り方 step3. 同じ大きさで2つ以上組み合わせてみよう!

ジェリクは、「大(Lサイズ)」「小(Sサイズ)」の2種類があります。

小(Sサイズ)大(Lサイズ)
折り畳んだサイズ横幅78×縦幅65×厚さ 6 (mm) 横幅98×縦幅76×厚さ7 (mm) 
展開サイズ約41cm 約45cm 

ジェリクは2つ以上を組み合わせることで、さらに遊び方の幅が広がりますが、「大(Lサイズ)」と「小(Sサイズ)」は基本的に組み合わせることを前提には作られておりません。

2つ以上組み合わせたい方は、同じサイズで統一することをおすすめします。

小さなお子様には大きいほうが扱いやすいので「大(Lサイズ)」がおすすめですが、持ち運びに便利なのは「小(Sサイズ)」です。

ぜひ、2つ以上を組み合わせて遊んでみてください。

ジェリク購入者の口コミや評判をまとめました!

「購入者の正直な感想が知りたい!」「購入して失敗したくない!」

そんな方のために、実際の購入者の実際に遊んでみた口コミや評判をまとめました。

「持ち運びに便利!」ジェリクの良い口コミ・評判

ジェリクを購入して良かったと感じている方の口コミをまとめました。

3歳の娘のために購入しました。外出先や電車内、ベビーカーなど大人しくしてもらいたい場所で手渡すと伸ばしたり縮めたり、形を作って遊んでいます。

割と飽きやすく気に入ったおもちゃしか遊ばない娘ですが、気に入ったようでよく遊んでくれて、購入してよかったです!

とてもコンパクトで持ち歩くのに便利で重宝しています☆

楽天みんなのレビュー

お子さんのいる友達へのプレゼント用と自宅用に購入しました。早速、3歳の息子が夢中になって色々作って遊んでいました。自分で小さく片付けることも簡単にできて持ち運びもかさばらないのでおでかけにも活躍しそうです。

楽天みんなのレビュー

以下、良い口コミや評判をまとめてみました。

・お出かけや外出先で大活躍してくれる
・バラバラにならないので持ち運びに便利
・子供の創造力が養われるのが嬉しい

かさばらないので持ち運びに便利で、散らからないので外出先でも遊びやすいというのが人気の理由のようでした。

「見本どおりに作るので精いっぱい」ジェリク購入者の悪い口コミ・評判

全体的に悪い口コミはほとんどありませんでしたが、「こうだともっと良かった」という気になる点をまとめました。

・2セットの繋ぎ目の結合がカチッと止まると良い
・ぐにゃぐにゃなので、なにかを乗せるのは難しい
・見本どおりに作る以外は遊べなかった
・大小購入したが、良さがまだわからない

バランスを取るのが難しく、他のものを乗せて遊べなかったり、見本どおりに作るのが精いっぱいで思った通りに創造力を養えなかったというのも多かったです。

しかし、見本どおりに作ルコとでも、手先の器用さを養うことはできますし、完成した作品を見て想像力を膨らますことはできます。

また、公式ページでも大小違った大きさを購入するより、同じ大きさのものを複数購入して組み合わせることで、作品作りの幅が広がることを謳っています。

対象年齢は3歳!ジェリクの5つのおすすめポイントを紹介します

ジェリクを様々な角度から徹底的に調べて、おすすめするポイントを5つにまとめました。

1、価格が安くて経済的

昨今では様々なおもちゃが出回り、物価の高騰で生活は苦しめられるばかりです。

しかし、ジェリクはなんと605円(税込)で購入することができます。

友達の子供への手土産や、外出先で子供がぐずってしまい、すぐにおもちゃが必要な時にも購入しやすいお値段です。

2、コンパクトで便利

ジェリクは2つのサイズ展開があり、Sサイズは7.8㎝×6.5㎝・L サイズは9.8㎝×7.6㎝とカバンやポーチにすっぽり入る大きさです。

子供が飽きて暇をしている時にでもさっと取り出して遊ばせることができ、また簡単にしまうことができます。

外出時の持ち運び用のおもちゃとして非常に便利です。

3、グッド・トイ賞受賞で安心

ジェリクはグッド・トイ賞を受賞しています。

グッド・トイ賞とはその名の通り、『良いおもちゃ』だと認定された証になります。

参考基準には3つの方針と6つのポイントが設けられており、柔軟な視点で選考されています。

グッド・トイ賞を受賞しており優良なおもちゃである証明がされているので、購入するうえで1つの前向きな判断材料になります。

4、創造性の育んでくれる

ジェリクで遊ぶことで創造性が養われます。

創造性とは何らかの価値があることがうみ出される事をいい、自身の感性で活躍するようなクリエイターや芸術家にはこの能力があると言われています。

創造性は元々持ち合わせている特殊な才能というわけではなく、幼い頃に影響を受けたものによっても育まれるものです。

5、自由な発想力が養われる

ジェリクの遊び方には答えがありません。

「やってみよう」「作ってみよう」という子供の好奇心をそのまま指先に伝え創作していくことができます。世界に一つだけの作品作りも可能です。

日本人は特に周りと同じを好み、多様性を嫌う傾向にあります。

そうではなく、子どもの思うままの柔軟な発想を大切にして、個人の能力をさらに伸ばしていくことができるのも魅力です。

【まとめ】たくさんの魅力がつまったジェリク!すきま時間に子どもの可能性を伸ばせます

おうちで遊ぶのにはもちろん、お出かけや外食など、子どもにとってはちょっぴり暇になる時間にも、コンパクトに持ち運べるのでさっと取り出すことができます。

外出時のちょっとした時間にも創造力が育まれ、脳に良い刺激を与えることができます。

グッド・トイ賞受賞の信頼できるおもちゃで価格もお手頃、たくさんの魅力に溢れているので非常におすすめです!

ジェリク小(Sサイズ)の購入ページはこちら!

おすすめの記事